大阪市住吉区南住吉の小児科専門クリニック 医療法人 武田小児科医院 【小児科・予防接種・健診】

ブログ


 夏の感染症にご注意を!
投稿:
いよいよ本格的な夏を迎えます。今年はエルニーニョ現象が見られるものの、気温はむしろ西日本では高くなるともいわれています。熱中症の対策が必要です。新型コロナウイルス感染症に対する「三密回避」やマスク着用などにより、ここ3年間は一般の感染症は極端に少なかったのです。ここに来てその反動からか高い熱がでる病気がいつになくふえています。どうか備えだけは怠りなく、久々に開放感に満ちた夏をお楽しみください。
2023年7月1日(日)

 今日梅雨入りです!
投稿:

5月中に大阪でも真夏日になりました。まだ体が慣れてない時期ですから熱中症のリスクが高まります。過労を避けて睡眠を十分にとり、水分の摂取に努めましょう。野山でホトトギスがさえずり、アジサイの花が咲き始めています。いよいよ梅雨に入ります。突発的な豪雨にご注意ください。


2023年5月29日(月)

 コロナは5類に
投稿:
緑が鮮やかなそして柏餅が恋しくなる季節です。開放感あふれるこの時期に、58日からいよいよ新型コロナウイルス感染症が5類に移行します。行政からの自粛要請はなくなり、より自由に行動でき、たとえ感染しても外出するかどうかは各人の判断にまかされます(5日間外出を控えることは推奨)。とはいってもコロナウイルス自体の感染性や病原性が低くなったわけではありません。持病のある人や高齢者に対する配慮は今まで以上に必要です。
2023年5月1日(月)

 桜もせわしない4月です
投稿:
新しい年度に入りました。今年は桜の開花が早くこの号がお手元に届くころには早や散り果てているかもしれません。例年以上に「せわしない」4月です。コロナ対策が変更され、マスクについてはすでに個人の判断に任されています。武田小児科では当面今までの換気励行などの感染対策を続けて参ります。来院される方は当分のあいだマスクを着用いただくようご協力をお願いいたします。
2023年4月1日(土)

 「新しい日常」へ?
投稿:
新型コロナウイルス感染症は新たな段階に入りました。マスクの着用は313日から屋内外とも基本的に個人の判断に任されます。地域の流行状況と自分の体調(悪いときは着用)が判断の目安になると専門家はいいます。流行が落ち着き、混雑がなく、声出しのないところではマスクは原則不要です(高齢者への配慮は必要)。幾分の戸惑いを感じつつも、希望をもってこの春を迎えたいと思います。
2023年3月1日(木)

 コロナと3年ぶりのインフルエンザ流行
投稿:

鬼退治をして立春を過ぎれば暦の上では春です。水仙が咲きほこり梅の便りも聞こえてきますが、なかなか展望が見えません。新型コロナウイルス感染症第8波の死亡者は高齢者を中心に1日に500人を超えました。コロナとの共存、社会活動正常化のためとはいえ複雑な思いがします。子どもでは幸い重症化することは少ないようです。インフルエンザとの同時流行が現実のものとなりました。なんとかこの波を越え暖かい春を迎えたいものです。


2023年2月1日(日)

 卯年の年頭に
投稿:
明けましておめでとうございます。「雪うさぎ」という子どもの遊びがあったそうです。朝、降り積もった雪を集めてお盆の上にうさぎの形をつくります。南天の実で二つの目を入れたら、さあできあがり。赤と白との対照が鮮やかです。これを日なたに置き忘れると、お昼過ぎにはお盆の上にとけた水と実が残るだけで「?」。コロナの先行きもまだまだ見えません。果たしてウサギにあやかって飛躍の年にできるでしょうか。
2023年1月1日(日)

 またまたコロ禍の師走です
投稿:
師走に入りました。今年もコロナに終始した一年でした。すでに第8波に入っているともいわれます。三密は避けるにこしたことはありませんが、ワクチンが普及したこともあり日常生活を重視する方向に舵は切られています。インフルエンザも本格的な流行の季節に入り、コロナとの重複感染が報告されています。慎重に行動しつつどうかよいお年をお迎え下さい。
2022年12月1日(月)

 円安と物価高の秋です
投稿:
金木犀の香りが漂いようやく秋らしくなりました。円安、エネルギー価格の高騰で食料品など全てのモノやサービスの値上げが止まらず、秋の感傷にひたる間もありません。足もとでは第7波後のコロナは再燃の気配も見られます。オーストラリアの例もあり、寒くなるとインフルエンザとの同時流行が懸念されます。日常生活へもどるための手探りがまだまだ続きます。
2022年10月28日(金)

 第7波の収束と届け出の簡略化
投稿:
台風の多い年で各地で水害が発生しています。澄み渡った秋空が待たれます。コロナの第7波はようやく収束に向かっています。926日から制度が大幅に簡略化されました。個別の発生届けは@65歳以上の方A入院を要する方B治療が必要な重症化リスクのある方C妊婦に限られ、それ以外は医療機関から保健所へは報告しません。コロナにかかってもご自分で登録しない限り保健所に把握されず、サービスが受けられないことになります。ご注意下さい。
2022年9月29日(木)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 次のページ>>

現在2ページ目を表示しています



医療法人 武田小児科医院
〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉2-14-19 平成ハイツ壱番館1階
06-6691-6551

Copyright (c) Takeda Pediatric Clinic All Rights Reserved.